「バッハはうす」からのお知らせ

コンサート&リハーサルサロン「バッハはうす」からのお知らせです。

チェロラボ発表会 エントリー募集について

2019年4月29日「チェロ・ラボ2019」開催!

 

チェロ奏者で当館代表の馬場が勝手に疑問視しているチェロに関するテーマについて掘り下げる形で企画し今回で3回目となります。

 

当日メイン会場にてプログラム第1部で予定している「チェロ・ラボ発表会」でイベントに華を添えてくださる奏者の方を募集しています。(詳しくは下の「チェロラボ発表会について」をお読みください)

 

今回のチェロラボは「歌」がテーマ。「チェロの音は人間の声に最も近いと言われる事があ‪るが果たしてそれはホントなのか?」「声楽家の方からみて実際に近いのか?」「どうすればもっと近くなるか?」を調べてみたいと思います。

 

‪例えば「ヴォカリーズ」等、チェロでも歌でも演奏される曲を聴き比べて表現の違いや今後の課題を知る機会にしたいと思います。‬聴講のみも可能です。(一般前売り2,500円、当日3,000円、学生前売り1,500円、当日2,000円)

 

コンサートの他、楽器や弓、備品の展示販売コーナー、NHKの「旅するドイツ語」でお馴染み、一コマ漫画家の小澤一雄さんによるチェロ関連の絵の展示販売コーナーもあります。チェロをたっぷり楽しめる一日となります。(展示コーナーは無料です)

 

演奏・講師:馬場隆弘(元東京交響楽団チェロ奏者)、山岡真弓

ゲスト:高島敦子(ソプラノ)、田中拓未(ピアノ)

 

【チェロラボ発表会について】

第1部「チェロラボ発表会」で演奏していただいた曲を、当日のシンポジウムの題材として活用させていただく、またはこちらからそのご提案をさせていただく場合があります。

 

ご希望の方には後半の講座の題材として採り上げる事も出来るようにしてみようという事で、気になるパッセージの歌い方やフレーズの取り方など新しい発見が出来るかもしれません。(演奏だけでも可能です)

 

演奏は収録して後日YouTubeの限定公開枠(リンクをご存知の方のみ視聴可)にアップする予定ですのでご自宅で反省会(?)はいかがでしょう?(^^)

またご参加くださった方には限定の記念品(ステッカーの予定)を差し上げます!

 

[エントリー料]

1,500円/1人(チェロラボ当日の聴講料は別途必要)

 

[申し込み方法]

申込用紙(後日配布)に必要事項を記入し、エントリー料を添えてバッハはうす受付にお持ちください。メールかお電話でも承ります。tokyo@shitsunaigaku.com

050-3580-5375

 

 

※演奏する曲をシンポジウムの題材として取り上げてほしい方は、楽譜(スコア)も添付してください。

[申し込み締切]3月末日(申し込み多数の場合は期日前に締切ることがあります)

 

[備考]

1)チェロが入っていれば楽器編成、曲のジャンルは問いません。

2)ピアニストが必要な場合はご同伴ください。

3)当日は11時頃から会場リハーサル、本番は13時頃からの予定です。詳細は後日改めてお知らせします。

 

↓以下 昨年の様子です!

f:id:cello-tokyo:20190131122622j:image

講師陣によるコンサート
f:id:cello-tokyo:20190131122604j:image

楽器の試奏
f:id:cello-tokyo:20190131122609j:image

チェロアンサンブル発表会

f:id:cello-tokyo:20190131122558j:image

小澤一雄さんの絵のコーナー

f:id:cello-tokyo:20190131122712j:image

The Chamber Music Jamboree vol.77のお知らせ

f:id:cello-tokyo:20181115140626j:image

The Chamber Music Jamboreeは第1部に室内楽コンサート、第2部アンサンブル大会というイベントです。飲み食べながら室内楽をお楽しみ頂けます。

 

年内ラストはシューベルトの弦楽五重奏曲を取り上げます。お楽しみに!